東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻

辻研究室


Tsuji Laboratory
Department of Chemcal System Engineering
The University of Tokyo
English version here

酸化物半導体薄膜

 酸化スズ、酸化亜鉛、アモルファスInGaZnO(IGZO)をはじめとする酸化物半導体は、透明かつキャリア移動度が高いことから次世代エレクトロニクスの 基幹材料として注目されています。 デバイスの低価格化および大面積化の可能性が高い塗布プロセスにより、これらの酸化物薄膜の作製を行い、 ドライプロセスでは実現出来ないナノ構造制御あるいはプロセス低温化を行い 、ディスプレイ、太陽電池、熱電変換素子への応用を目指しています。


有機半導体薄膜

 環境負荷低減社会を目指すに当たって、有機エレクトロニクスに関する研究は、学問的にも実用的にも重要です。デバイスの高性能化・高寿命化のためには、 有機薄膜の構造がどのように決まるかを理解した上で、構造と物性の関係を明らかにする必要があります。私達は、低コストな塗布プロセスにおける有機薄膜の ナノスケールでの 構造制御の研究を進めています。将来の「有機ELテレビ」や「有機EL照明」の開発に寄与していきます。


シリコン系材料

 結晶シリコンは半導体産業はもとより、太陽電池を始めとするエネルギーデバイスの主役でもあります。 しかし、半導体用のプロセスではコスト・規模が見合わず、ブレークスルーが必要とされています。 私たちは高純度シリコン原料製造の新たな化学反応ルートとして、 亜鉛還元法により生成する、様々な形をしたシリコンの形態制御の研究を行っています。これらのシリコンは太陽電池原料として用いるほか得られた球状粒子をフッ硝酸により エッチングして合成する"毬栗状"粒子のリチウムイオン電池用負極活物質への応用にも取り組んでいます。
 また、シリコンはナノ粒子化するとバンド構造が変化します。 蛍光体として医療診断やDDS(drug delivery system)への応用などを研究しています。医療における最先端分野であり、ナノ材料とバイオを結ぶ接点でもあります。 特に、シリコンナノ粒子の蛍光はフルカラー化が可能であり、将来の医療診断分野における画期的な材料です。


コロイド凝集系知識基盤

 現実系の材料合成は、物質物性の影響を強く受けますが、 標準的な物質を用いて実験を行うことで、物性の影響を一定にしたまま、 構造形成の基礎を検討することができます。
 共通原理を理解すると物質によらないシミュレーションが可能となります。 また、実験系で測定できないような時間・空間スケールでの解析も可能となります。 インク、化粧品、食品、医薬品など多様な分野で重要なコロイド分散系を対象に、 流動場や乾燥場での分散・凝集、自己配列のシミュレーション基盤を構築しています。
 更に、ナノ物質の安全性も実用上重要な課題です。 個々のナノ物質の物性だけでなく、製造プロセスに応じた物性や飛散量の違いなどを含め、 統合的にリスクを評価する知識基盤の構築を進めています。


環境安全管理




現在作成中



卒業生の研究

修士論文

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度

2016年度

2015年度


山口・辻研究室の卒業生の研究

山口研究室、山口・野田研究室の卒業生の研究